スポンサードリンク

【肌荒れ対策5つのポイント】ダイエット中に要注意!

健康・美容

【肌荒れ対策5つのポイント】ダイエット中に要注意!
  • スポンサードリンク
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

体重計を見て、ダイエット成功!と喜んだのもつかの間
鏡を見たら、お肌がボロボロなんてことではガッカリですよね!

ダイエットは無理なく健康的に、そして美容の観点からも注意が必要です。

今回は、「肌荒れ」をいないでダイエットするポイントを
ご紹介します。

①脂質不足

ダイエットで脂質を意識するあまり陥りがちなのが
「脂質不足」

肌や身体の皮膚のうるおいを保つ為には脂質は必要な栄養素。
ダイエットをしていて
よく肌が乾燥してガサガサになると言う方は美容成分などを試す前に
まずは脂質が不足していないか気を付けてみるとよいでしょう。

また、脂質に配合される脂肪酸は大腸を刺激し、排便を促します
腸内環境が整うことで肌もキレイになります。

脂質不足が気になる方は森のバターと呼ばれるアボカド、ナッツ、ダークチョコレートなどがおすすめです。

脂質画像

②ビタミン不足

ビタミン不足によって肌荒れが起きやすくなる!ということは
よく知られてます。

バランスよく摂取することでビタミン摂取ができます。

ビタミンなどの栄養素は相互的に体内で働きますので、
単一で摂取するのではなくバランスよく色々なビタミンを摂取することが
ポイントです。

特に肌荒れに関係しているものはビタミンA、C、Eなどなどです。

マルチビタミンなどのサプリメントが効率よいです。

ビタミン画像

③ストレス

「食べれないストレス」ダイエットで一番大変な壁です。

ダイエットの理想は食べて痩せることです。

たんなるカロリーオフは、
肌の乾燥、免疫力低下を引き起こし大人ニキビなどにつながったり、
自律神経の乱れにつながると、リンパや循環器のめぐりを悪くさせます

つまり
ダイエットで健康を害してしまうおそれもあるのです。

ダイエットの語源は「健康的な食生活」ということをお忘れなく!

ストレス画像

④たんぱく質不足

肌を作る為に必須の栄養素であるたんぱく質。
不足すると肌のハリやツヤがない肌質になるのは当たり前です。

有名なコラーゲンを作っているのもたんぱく質ですし、肌の再生にたんぱく質は必要になってきます

タンパク質は時間がない方はプロテインなどで摂取しても良いですが、
鳥のささみ肉、豆腐などを食べるとなお良いです。

たんぱく質画像

⑤入浴

毎日のお風呂をシャワーだけでなく、湯船につかることが大事です。

体内の巡りを良くする為にも水分代謝を良くしてむくみを解消するためにも老廃物はドンドン体外に出すことが大切です。

腸内環境が悪くなっていたり、冷え性になっている事で老廃物が体内に溜まり肌荒れにつながっている場合は良くあります
行き場を失った老廃物は血液に溶け出して肌から排出され、肌荒れにつながります。

入浴画像
スポンサードリンク
12
  • スポンサードリンク
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサードリンク

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法